芸能ニュースてんこ盛り

今話題の芸能ニュースがてんこ盛り!
芸能人の熱愛・破局・結婚・離婚など総まとめ。
闇営業や不倫・麻薬・事務所トラブルなどの大スクープも!

    芸人



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 冬月記者 ★

    「児嶋だよ!」再評価の兆し 逆境で光る児嶋一哉の多才ぶり

    お笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建(47)が、『週刊文春』で報じられたスキャンダルのため芸能活動を自粛することを発表した。
    これを受けて相方の児嶋一哉(47)には各方面からエールが寄せられるとともに、芸人としての実力をあらためて評価する声が数多くあがっている。

    もともとアンジャッシュは児嶋がスタートさせたコンビだった。彼は1992年に都内で初めてとなるお笑い専門学校「スクールJCA」に入学、翌年にピン芸人としてデビューを飾る。
    ほどなく相方を探し始め、高校の同級生で当時神奈川大学経済学部に在籍していた渡部に声をかけ、1993年にアンジャッシュを結成する。

    当初は児嶋がすべてのネタ作りをしていたものの、徐々に渡部がリーダーシップを発揮するようになっていった。
    その後、代名詞とも言うべき“すれ違いコント”を武器に、『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)や『エンタの神様』(日本テレビ系)といったお笑い番組に出演。瞬く間に人気を博していった。

    しかし次第にコンビとしての活動は減り、それぞれ個人で活躍の場を広げていくようになる。
    とりわけ渡部はMCやグルメリポーターとして多数のテレビ番組に出演し、私生活では2017年に女優でモデルの佐々木希と結婚。2019年からは自身のYouTubeチャンネルも開設するなど、仕事もプライベートも華々しい成功を収めているようだった。

    そんな順風満帆の生活を送っているように見えた渡部に関して、6月12日に放送されたJ-WAVEのラジオ番組『GOLD RUSH』に相方の代役として出演し
    涙ながらに謝罪の言葉を述べた児嶋は「ぶっちゃけ、アンジャッシュは仲良しコンビではない」と、次のように本音を吐露している。

    「僕なんかより全然売れてるのもあって、なかなかアイツを叱るのが立場的にしづらくて。アイツに何かを言うってことは10年ぐらいなかったかもしれないですね。やっぱり立場的には僕のほうが弱かったですよ」

    コンビ間に格差があり、もともとはリーダーであったはずの児嶋が渡部よりも下の立場に置かれていたのだという。
    だがしかし、児嶋は彼独自のフィールドを開拓し、相方には真似できないような活躍をしてきている。

    俳優として黒沢清監督の『トウキョウソナタ』や園子温監督の『恋の罪』といった映画、さらにNHK大河ドラマ『龍馬伝』をはじめとした数多くのテレビドラマに出演。
    またプロ雀士の資格も有しており、麻雀を解説するウェブサイト「こじまーじゃん」を運営している。渡部にはない才能をいくつも発揮してきたのだ。

    児嶋の実力はアンジャッシュというコンビ内でも発揮されてきた。
    お笑い評論家のラリー遠田氏は「アンジャッシュは何よりもネタの面白さに定評があるコンビで、児嶋さんがそこで一定の役割を果たしていたのは間違いない」と解説する。

    「アンジャッシュの2人を比較すると、渡部さんのほうが知的でしっかりしているイメージがあるため、ネタ作りも渡部さんが担当していると思われがちです。しかし、本人たちの話によると、実際には2人で協力してネタ作りをしているそうです。
    児嶋さんは過去にソロライブを開いたり、ピン芸人の大会『R-1ぐらんぷり』に挑戦したりして、ピン芸を披露していたこともありました。そのときのネタは自分で作っていたと考えられます」(ラリー遠田氏)

    さらにピン芸人としてバラエティ番組などで活躍する姿についても、ラリー遠田氏は「彼の右に出る者はいない」とその実力を高く評価している。

    「児嶋さんは『イジられキャラ』としても貴重な存在です。芸人たちにきつくイジられても、声を張って力強いツッコミで返すのが面白い。先輩にイジられるタイプの芸人はたくさんいますが、
    児嶋さんの場合、後輩でも思わずイジりたくなるような魅力があります。イジられキャラの芸人はほかにもいますが『後輩にもイジられる』という分野では彼の右に出る者はいないでしょう」(ラリー遠田氏)



    (出典 www.sankeibiz.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    芸能人ランキング 【【渡部変態騒動】アンジャッシュ逆境で見えてきた大島さんの多才ぶり…児嶋だよ!】の続きを読む



    (出典 static.blogos.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 冬月記者 ★

    露出を勝手にキャプチャー、拡散することも「#Zoomハラスメント」なのでは 霜降り・せいやの報道に思う


    お笑い芸人「霜降り明星」のせいやさんについてのセクハラ報道が注目を集めています。
    SNSで知り合った一般女性と、ビデオ会議が行える通信アプリ「Zoom」を使ったオンライン飲み会をしていた最中に自身の下半身を露出したという内容ですが、
    一時期Twitterでは、「#Zoomハラスメント」「#ズムハラ」などのタグが飛び交うほど話題になりました。

    ■オンライン飲み会の様子を勝手にキャプチャーしていいの?

    コロナ拡大防止でしばらく学校は休校になっていましたが、オンライン授業を実施していた学校でトラブルになったことがあります。
    それは、オンライン中の友達の顔のキャプチャーです。変な顔にちょうど映った瞬間を画面ごと撮影し、その画像をほかの友達に送って、ネタにして楽しむというものでした。

    同じようなことは学校だけでなく会社でも起きており、実際に困っているとの相談も受けました。
    在宅ワークをする機会が増えるのにあわせて、オンラインハラスメントも増えていたと思われます。

    今回、せいやさんのオンライン飲み会での画像は、ハラスメント行為をされたと訴える女性によりキャプチャーされていました。

    「キャプチャーされて困るようなことをするのが悪い」「そもそもキャプチャーされてること自体脇が甘い」という意見もありますが、芸能人だって人間です。
    すべてにおいて「何か証拠をとられているかも!?」と思いながら行動しなければいけないのはかわいそうです。
    報道によると、せいやさんはキャプチャーされていたのは知っていたけれど、流出すると思っていなかったようです。

    「#Zoomハラスメント」といえば、Zoomを通してハラスメントを受ける人のほうが注目されますが、勝手にキャプチャーして世の中に拡散させてしまうというのも、もう1つの「#Zoomハラスメント」といえると思うのです。

    今回の報道では、Zoomをしていた際の画像だけではなく、報道後にせいやさんと女性がやり取りしたと思われるLINEの画像まで公開されていました。

    とにかく何でも世の中に公開してしまう。そもそも、ここまでの個人情報が露出してしまって問題ないのでしょうか。

    ■そして、また犯人探しがはじまる!?

    せいやさんの件を通して、最近プライベートなことが公になる報道があまりに多いと感じています。

    報道によれば、せいやさんと女性側とでは主張が食い違うこともあり、真実はわかりません。

    もちろん芸能人なので、プライベートな部分を「知りたい」「見たい」という世間の声があるのも事実ですが、今回のような性に関する、
    しかもモザイクをかけないといけないレベルの画像が出回り、叩かれる。それは大変怖い世の中でもあります。

    そして「やっぱりあれはやりすぎた」とか「女性もその気があったんだろう」という話題が加熱すると、今度は「この被害者の女性は誰なのか」という犯人探しがはじまるかもしれません。
    関係ない人が、勝手に「こいつが犯人だ」と決めつけられ、まとめサイトに掲載されたり、Twitterに写真や個人情報が出回ることだけは起きてほしくないと思います。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    芸能人ランキング 【【霜降り明星】せいや露出を勝手にキャプチャー、拡散!「Zoomハラスメント」やろ…】の続きを読む



    (出典 www.goooodliiiife.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 muffin ★

    霜降り明星、Eテレ「天てれ」事実上の降板へ せいや下半身露出報道、本人は「ハメられた」

    お笑いコンビ、霜降り明星が19日、金曜レギュラーを務めるテレビ東京系子供向けバラエティー番組「おはスタ」(月~金曜前7・05)の放送を欠席した。

    ボケ担当のせいや(27)が一般女性とオンライン飲み会をして下半身を露出したと、文春オンラインに報じられたばかり。
    テレ東は「番組内容などを総合的に判断した結果、出演を見合わせることにしました」と説明。次週については検討中という。

    また、NHKは、2人が不定期出演するEテレ「天才てれびくんhello,」について、「今後については検討中。
    現時点の出演予定はありません」と回答。複数の関係者によると、こちらも子供向け番組のため、事実上の降板とみられる。


    同サイトによると、せいやはSNSで知り合った女性と開いたオンライン飲み会の最中、下半身を露出。
    ただ、同サイトの直撃取材に対し、せいやは「ハメられました」などと答えている。

    女性側の言い分と食い違っている部分もあり、所属事務所の吉本興業は報道に問題があるとして「法的措置を考えている」と説明している。


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    芸能人ランキング 【【霜降り明星】せいやの下半身露出騒動で、Eテレ「天才てれびくん」降板へ…】の続きを読む



    (出典 summer-century.com)


    2ちゃんまとめの感想

    1 jinjin ★

    実力不足!?
    『お笑い第七世代』のメッキがはがれて、ブーイング続出

    若い女性から大人気の〝お笑い第七世代〟。しかし大ブームとは裏腹に、実力のなさが露呈する展開が続いている。

    まず話題になったのは、6月13日放送の大喜利バラエティー番組『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)。
    ここで〝お笑い第七世代〟の中でも〝センスの人〟と呼び声の高い『四千頭身』後藤拓実が初参戦したのだが、結果は惨敗。『ロバート』秋山竜次、『千鳥』大悟、千原ジュニアらとの実力差は歴然で、ネット上では、

    《笑いのセンスはないことがよく分かりました笑》
    《こんなにスベる?ってくらい1人だけすべってた》
    《後藤の実力不足が露見してて見ててつらい》
    《後藤とかいう実力ない奴をキャスティングする方が悪いだろ》

    など、辛らつな声が投げつけられた。


    また〝お笑い第七世代〟の顔的存在である『霜降り明星』も昨年に同番組へ出場したが、やはり2人とも大敗。
    まるで結果を残すことはできなかった。

    そんな〝お笑い第七世代〟に対して、
    《笑わせる、というより、周りが勝手に『面白い』と思って見てくれているだけ》などという声も。

    この件に関しては『アルコ&ピース』の平子祐希が、『宮下草薙』の草薙航基に正直な意見を投げ掛けたことがあるようだ。


    お笑い第七世代はぬるま湯に浸かり過ぎ!?

    「昨年11月放送の『くりぃむナンチャラ』(テレビ朝日系)で草薙が大喜利を披露した際、あまりにも定石から外れた答えを繰り出してダダ滑りしました。すると平子は草薙に対して、
    ルールに沿わない自分の価値観が視聴者から受け入れてもらえていることに甘んじて〝『いま、俺でいいんでしょ?』の垂れ流しをしている〟とするどく指摘。このガチっぽいダメ出しが、的を射ていると話題になりました」(芸能記者)


    〝お笑い第七世代〟が登場するライブはどれも大盛況で、いつも爆笑をかっさらっていることには間違いない。
    しかしライブ会場でウケることに対して、島田紳助が注意喚起をしたこともある。

    「紳助は、少し売れ出した芸人には、若い女がキャーキャーいってライブを見に来るが、彼女らは何を言っても笑うため、芸人にとっては〝やっかいな存在〟だと指摘。
    そのため紳助自身は〝カメラ越しでこたつで見てる兄ちゃんがおもろいと思ってくれる感覚でやる〟という想いで漫才に挑んでいたようです」(同・記者)

    まだまだ芸歴が浅い〝お笑い第七世代〟。
    これからのお笑い界を担う存在になるためには、現状に甘んじない姿勢がカギなのかもしれない。



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    芸能人ランキング 【【お笑い第七世代】人気先行、実力不足か?メッキがはがれてきた模様…】の続きを読む



    (出典 post.tv-asahi.co.jp)


    2ちゃんまとめの感想

    1 臼羅昆布 ★

    新型コロナウイルスによる肺炎のため3月29日に死去したタレント、志村けんさん(享年70)の故郷、
    東京・東村山市の渡部尚(わたなべ・たかし)市長(58)が19日、同市役所で会見。志村さんに名誉市民の
    称号を贈る議案を開催中の6月定例議会に上程することを発表した。
    すでに遺族と所属事務所の同意を得ており、今月25日の議会最終日に上程し、議会の同意を得て正式決定。
    その日に志村さんの遺族が表彰状を代理授与することになる。
    名誉市民は同市の名誉市民条例に定められた称号。公共の福祉や学術技芸など社会文化の興隆に寄与し、
    その功績が卓絶で深く尊厳に値すると認めた人に贈られる。過去にテニスプレーヤーら2人が受賞したが、
    いずれも存命のときで死後に贈られるのは初めて。
    志村さんはコメディアンとして多くの人を笑いに包んだだけでなく、東村山音頭のリメーク版を歌って
    東村山市の名前を全国に広めたことなどが受賞理由。
    死後、全国から市の公式HPに追悼メッセージが寄せられ、その中にも「志村さんを名誉市民にしては」と
    いう提案が多数あったことも、授賞推進の原動力となった。
    渡部市長は「志村さんは来月、東京五輪の聖火リレーランナーとして走っていただくことにもなっていた。
     お亡くなりになったことは痛恨の極みですが、来年の聖火リレーは志村さんに見守られながら、希望の
     明かりをつないでいきたい」と発言。
    「自らの死をもって新型コロナの恐ろしさを全国に知らしめた志村さんに対し、改めてご冥福をお祈り
     します」と語った。
    さらに「実は志村さんの生前、市民や議会の方からも名誉市民にどうかという声が上がり、打診したことが
     あるんです。でも、そのときは本人から『そういう柄ではない』と断られました」と告白。過去に会った
     ときの印象については「第一印象はシャイな方でしたが、東村山で過ごした子供時代の話をするうちに話が
     弾み、アイーンの仕方について『アゴを突き出してやるんだ』と教えてくださいました」と懐かしそうに語った。


    (出典 www.sanspo.com)


    ランキングに参加しています。
    ↓ポチッとしていただければ励みになります。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    芸能人ランキング 【【東村山市長】志村けんさんに名誉市民の称号!正式に発表…】の続きを読む

    このページのトップヘ