(出典 amd.c.yimg.jp)


2ちゃんまとめの感想

1 砂漠のマスカレード ★

元AKB48の渡辺麻友(26)が芸能界を引退することが、6月1日、所属するプロダクション尾木から発表された。
「健康上の理由」だという。“まゆゆ”の愛称で親しまれた彼女がグループを去っておよそ2年半での電撃引退だった。

渡辺をめぐる異変は、今年のはじめから取り沙汰されていた。3月7日にデイリー新潮が配信した「消えた元AKB48『渡辺麻友』 『UTAGE!』も欠席、彼女の身に何が起きているのか」では、
不定期放送ながらレギュラーでMCを務めていた歌番組の2月放送回に、彼女が欠席した事態について紹介した。この時も「体調不良」と説明していた。

また同記事では、20年1月1日から公式Twitterが更新されないこと(こちらは現在に至るまで未更新)、19年9月末をもってファンクラブが休止されたことにもあわせて触れた。売り込みの熱心さを含め、
所属タレントには優しいことで知られる尾木プロだけに、渡辺を見なくなったのは“干された”わけではなく、彼女に事情があるのではとの見方が広まっていることを紹介している。結局、その後も表舞台に姿を現すことなく引退となったわけだ。

渡辺が芸能界に入ったのは2006年。AKB48の第三期生オーディションに合格したのがきっかけだった。09年から始まった選抜総選挙では4位に入り、以降、5位→5位→2位→3位と推移し、14年の第6回選挙で見事1位に輝いた。

前田敦子、大島優子らと共に、AKBの“顔”として活躍してきた彼女について、テレビ局関係者はこう語る。

「元祖『神7』の一人で、初センター曲は『so long!』(13)年。17年末のNHK『紅白歌合戦』をもってアイドルを引退しましたが、
この時はセンターで3曲を歌う超特別扱いされたことからも、運営側が彼女の功績をいかに讃えていたかが分かるというものです」

AKB在籍時代からドラマにも出演。卒業後は本格的に活動に力を入れてきた。もっとも、12年の初主演ドラマ「さばドル」(テレビ東京系)や15年の「戦う! 書店ガール」(関西テレビ系)のいずれも数字は奮わず。
17年の「サヨナラ、えなりくん」(テレビ朝日系)は、タイトルに“きりたんぽ”がついたことで揉め、放送前からケチがついた。

「それでも去年の朝ドラ『なつぞら』では広瀬すずの同僚役で、環境に恵まれていなかったわけではありません。ちょっと冷めた感じで、何だか投げやりな演技だったことが印象的でした」(同)

「腹黒なんじゃないの?」と言っても…

渡辺が所属していたグループ内ユニット「渡り廊下走り隊7」と仕事をしたというこのテレビ局関係者は、当時の彼女の様子について、こう振り返る。

「正直、この世のものとは思えないほど可愛かったです(笑)。ただ、とにかく大人しかった。冗談で『本当はまゆゆ、腹黒なんじゃないの?』とからかっても、はにかむだけ。
同じ尾木プロ所属のAKBでいうと、小嶋陽菜なんかは局で会うと、遠くからでも飛んできて挨拶してくれるんです。尾木プロはその辺の教育は徹底しているということなんでしょう。
けれど、まゆゆに関してはそういうのがなかった。最近は、こじはるやたかみな(高橋みなみ)の売り込みはあっても、まゆゆの話が尾木プロの担当者から出ることは少なかったですね」(同)

「渡り廊下」のメンバーとの間でも……。

「たまに集まると、当時の楽しかった思い出話に花が咲くのですが、グループの中心だった“まゆゆ”の話が出ることはまずありませんでした。
『まゆゆ、最近なにしてんだろう?』と聞いても、みんな『さあ』と答えるばかり。元AKBの子たちと、あまり付き合いがなかったんでしょう。
引退を受け、たかみながラジオで語りましたが『風の噂で(引退話が)入ってきてはいた』『驚いた』といった調子です。
長年の戦友で総監督のたかみなですらこれですからね……。
おそらく、まゆゆは芸能界になじめなかったんじゃないでしょうか。
この世界は裏では色んなことがある。彼女のような良い子にとっては、嫌になることがあったのかもしれません」(同)

15年に「情熱大陸」(TBS系)で密着された際には、AKBを「真面目な子が損をするような世界」と語っていた。とにかく今は、体調の回復を祈るばかりだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年6月1日 掲載

https://news.yahoo.co.jp/articles/fd562e2de2bd04342f65503f51865bbd17066a8c?page=1
6/1(月) 17:01配信


(出典 www.j-cast.com)


ランキングに参加しています。
↓ポチッとしていただければ励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


芸能人ランキング



19

>>1
これが正しいよね。
死ぬまで働くなと。
耐えられないなら辞めちまえ。


21

>>1
アベこれどうすんの


2

イマサラ?


3

芸能界で生き抜く実力がなかっただけ


4

はらぼてかな


5

らみみ


6

悲しい色やね


7

誹謗中傷が嫌な芸能人もどんどん辞めてくれて構わない


8

15年くらい居て今更かよ


10

10年以上いて水が合わないも何もねえだろ


11

みんな、AKBの時は輝いてたけど。


(出典 idol-planet.com)


13

顔変り過ぎて自分で自分がわかんなくなっちゃったんだろね
整形女にはありがち
自殺しなきゃいいが・・・


14

噂によると俺と結婚するらしい


15

まゆゆ「AKBは真面目な子が損する世界」
指原「ほんこれwww」


16

たまに昔のバラエティのDVD見るが芸人は今も昔もメンツ代わってないが、女性タレントはほぼ代わってる
女性には芸能界は大変だと思うわ
毎月毎月、可愛い子が取っ替え引っ替え出てくるもんな
心休まらんよ、辞めて正解、お疲れ様


18

最後に書面で挨拶すらできない状態かね?


20

精神的な理由なんか?


22

むしろ女で芸能界にダラダラいたのが凄い


23

グループにいた時は作られた人気で持ち上げられたが
やめたら全く相手にされなかったから鬱になったんだろ


24

秋元が指原推しだから頑張っても報われない


25

半分引退してたようなもんだし
電撃ではない気がする


26

朝ドラでは良い演技していたと思うけどな


27

ホリプロあたりに入ってたらまた違ったんかね


29

おかしなヤツしか出演していない。
テレビ、制作会社、
芸能プロダクションは闇。

日本の芸能産業は
世界最低な場所


30

まゆゆはノースキャンダルだったくらい真面目だたったからな


31

ここまでやってきて水が合わないも何も


33

指原に潰された女


34

>遠くからでも飛んできて挨拶してくれるんです。

たかがテレビ局員相手に大変だな


35

あの、何か報道される予定?


36

こいつセンター曲は何かもうキャラクター全開のユルーイ曲ばっかだったな
秋元の使い分けでそっち方面担当にされたんだろうけどラミは不満だったろう


37

こんな性悪がシャバに放たれるのか


38

精神的な問題?この娘は指原や自殺した女子レスラーみたいにネットやSNSで
嫌がらせとか攻撃されてないよね
なのに病むって自分のやりたい仕事がこないとかその程度のこと?


40

何年その水に浸かってたんだ


42

卒業んときにイカレポンチが結婚宣言して話題を持ってかれたのもカワイソスだった


43

特に秋元グループは悪質な商法だからね
女子は消耗品なんかじゃない!人権侵害もいいとこ!ちゃんと老後まで応援しろ男ども!
こんなひどい国のひどい世界、まともな女の子は病気になっちゃうの当たり前!


44

ダウンタウンナウで極度の潔癖症で常に除菌ジェルやティッシュを持ち歩いていると告白してたな
そういった神経質な性格が薄汚れた芸能界と会わなかったんじゃない?


45

常識人ってことか


46

新潟の件で揉めてた子を見てやめたくなったんじゃねーの?
名前すら記憶に残ってないけど、研音に移籍してから全然見かけないもんな


47

まだ26だったのね
しかし「真面目な子が損をするような世界」って残念な言葉だ


50

アイドルになりたかったらAKBに入ってはいけない
秋元康の喜び組だもんな